産地・生産者

吉良食品では自社農園とは別に、契約農家様の野菜を使用しており、
生産者の顔が見える商品作りを行っております。

九州内外で多くの契約農家と提携栽培を実施しております

ごぼう(熊本・宮崎・鹿児島)

乾燥ごぼうは主に宮崎、鹿児島、熊本で栽培された原料を使用しています。特に宮崎県では新しい農業に取り組む「はざま牧場」が生産しており、霧島連峰を見渡す宮崎県都城の農場は、豚6万頭、牛6千頭を飼育する大規模な農場です。そこで出る糞尿を利用した堆肥を作り、さらにそれを利用した農作物の栽培と新しい農業形態に挑戦しています。その取り組みは農林大臣賞を受賞するなど注目を集めています。ここで原料として栽培されているのは柳川理想という品種です。首のくびれが少なく肉付きのよいのが特徴です。甘味、風味ともに最高の品質のものが使用されています。

大根葉(熊本産)

乾燥大根葉は熊本県菊池郡・阿蘇郡の契約農家で栽培された原料を使用しています。6年前から柔らかい大根の葉をとるために、葉取り専用の大根の植え付けを行っています。
この大根は播種から35日で収穫でき、柔らかい大根の葉が多く取れる代わりに、大根の部分が小さいというのが大きな特徴です。
1年を通じて収穫できる大根葉は、契約農家が栽培し、このような独自の栽培法に力を入れています。

人参(熊本産)

乾燥人参は主に熊本県菊池郡の契約農家で栽培された原料を使用しています。
その中で菊陽町は、九州でも有数の産地で多くの生産者が取り組んでいます。露地で春・秋2回収穫ができ、季節に応じたおいしい人参を栽培しています。

ほうれん草(熊本産)

ほうれん草は主に熊本県菊池郡大津町にある自社農園でミネラルが豊富な火山灰土を使用し栽培しております。最適な生育環境を整え栄養豊富な野菜に育てる為、様々な工夫を凝らしながら取り組んでいます。
弊社の野菜は厳正に管理された環境のもと栽培されており、ほうれん草はその品質が評価され、今では自社加工用原料に限らず専門業者へも卸しております。
現在総面積32haを有し、そのうちほうれん草は10ha、年間約150tを栽培しております。
今後、自社栽培の強みを活かし農薬が少ない栽培方法である特別栽培の実現を目指し挑戦し続けて参ります。

メニュー

お問い合わせ

オンライン
ショップ